【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。


【詳細はこちら】


【No.2】クレアール

多用なコースとオプションに分かれていてわかりにくい面はありますが、学び方を自由に選べますので基礎のある人には便利です。


【詳細はこちら】


【No.3】TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。


【詳細はこちら】

社会保険労務士への道

①社会保険労務士になるには

自分が目標とする道が決まりました。沢田くんに誘われたとはいえ、
資格を取ってヤツらを見返すというのは、悪くはありません。
だって、あんな小学生でもしないような“いじめ”を大人が平気に
やってしまうような環境なんですから。
沢田くんが考えるようなことが実際にできるかは、わかりませんが、
資格を取得することは良いことかなと。
次の仕事を探す気になれない今の私にとって、何か必死になれるものがある
ということが大切で、一つのことに打ち込める気持ちが大事なのではないかと思ったのです。

まずは社会保険労務士について調べることにしました。
社会保険労務士になるには、

●社会保険労務士試験に合格している
●弁護士の資格を有している

いずれかに該当する者が社会保険労務士会連合会の名簿に登録することで、社会保険労務士になることができます。
まぁ、もちろん私に弁護士の資格なんてありませんから、社会保険労務士試験に合格しなければいけないのです。

また、社会保険労務士試験を受けるには受験資格が必要で、
①大学において学士の学位を得えるのに必要な一般教養科目の学習を終わった者
②短期大学又は高等専門学校を卒業した者
③大学(短期大学を除きます)において62単位以上を修得した者
など、数々の受験資格があり、上記の項目に一つでも当てはまればOK
です。私の場合は、4年制大学を卒業していたのでクリアでした。

社会保険労務士の資格についてさらにポイントを絞り解説されている
サイトを見つけました。参考になりますで、以下のサイトも利用して
社会保険労務士の理解を深めて下さい。
社会保険労務士について


>>社労士の知識を身につけて、パワハラ、ブラック企業に負けない!<<